竹内 睦泰の書籍を徹底紹介します。

    

超速!最新日本近現代史の流れ―つかみにくい近現代を一気に攻略! |竹内 睦泰

超速!日本近現代史の流れ―つかみにくい近現代を一気に攻略!
竹内 睦泰
ブックマン社 (2000/03)
おすすめ度の平均: 4.5
3 読んでたのしいけど。。。
5 誰が読んでも面白い本です
5 近現代史のカリスマ書
(評価:★★★☆☆)

●著者は大学時代、金がなく、家賃も授業料も払えない状況となり、大学を
 やめて働くことを考えたといいます。しかし、松田松陰の本を読んだことで、
 心機一転、歴史について勉強をはじめました。

 ・「知って死ぬのと、知らずに死ぬのとは違う!」・・・そうだ!歴史は、
  生き方を、人生を教えてくれる!大学をやめるのを、僕はやめました。
  松田松陰もこうも言っています。「学ぶということは、どんなことから
  でもできます。本一冊あれば、その本から多くのことを学べます。(p6)


●熱い、熱い、著者の歴史への思いが伝わってくるようです。そして、
 歴史全体を勉強するため、大学ではなく予備校の講師を目指し、カリスマ
 講師となり、その集大成としてこの本があるわけです。


●この本は「日本近現代史」ですから、戦争前後のことが多く書かれています。
 戦後60年。私を含め、その時代を知らない私たちが学ばなくてはならない
 時代でしょう。

 ・神風は、途中から半ば強制的になったという人もいるようですが、基本的
  には志願制です。

 ・最も印象的なのが、十七歳の少年飛行兵が出撃する六時間前に書いた
  「妹よ、」で始まる手紙です。「もうすぐお兄ちゃんは死んじゃうけど、
  悲しまないでおくれ。これによって、おまえたち家族の命が少しでも
  長持ちするのだから・・・」(p148)


●私たちの祖父がどのような時代を生きたのか、この本で学んでみませんか。
 歴史の入門書としてお奨めします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・伊藤や山県のことを、竜馬や西郷など維新の志士にくらべて二流だという
  人もいます。しかし、たとえそうだとしても、当時の政治家たちもみな、
  命をかけて戦ってきました。(p79)


 ・実は陸軍の統制派内部でも、北進論と南進論の二つがありました。・・・
  北進論を考えていたのが石原莞爾、南進論をとっていたのが東条英機です。
  ここで日本の運命が決定されるわけですが、南進政策の東条英機が、陸軍
  の実権を握っていました。(p139)


 ・アメリカは、まずドイツと戦争しようとして、ドイツの潜水艦を二、三隻
  沈めたんですが、ドイツはその手の内がわかっているため黙ってがまん
  していました。しかし、日本はそうじゃなかった。ハル・ノートという
  アメリカ側の最終提案(無理難題ですが)をつきつけられただけでキレて
  しまい、真珠湾を攻撃するという暴挙に出てしまいました。まさにアメリカ
  の術中にはまったわけです。(p142)


 ・アメリカ合衆国は、この原爆投下について、戦争を早く終わらせるため
  と言っています。・・・断じて違う。・・・理由は簡単です。・・・
  原爆は違うタイプの原爆で、両方実験したかったからなんです。・・・
  一瞬のうちに数十万人が死にました。これを虐殺と言わずして、何と
  言えばいいんでしょう。非戦闘員が90パーセントの都市にそんなもの
  を落とすのが、人間のやることか。(p151)


 ・「日本の行為は許せない。他の国を武力によって侵略するなど、絶対に
  許せない。・・・」そうアメリカの検事が言ったとき、大川周明は立ち
  上がって叫びます。「インディアンはどうなるんだ。ならば、アメリカよ。
  インディアンの土地より去れ!」この発言で大川周明は精神異常とされ、
  精神病院に送られました。(p168)


「超速!日本近現代史の流れ」竹内 睦泰、ブックマン社(2000/03)¥1,008
(評価:★★★☆☆)

     

【竹内 睦泰の経歴】
日本史講師。

代々木ゼミナールに10年間勤務し、人気講師として通信衛生授業、TVネット授業などを歴任後独立。

現在は、北斗総研予備校代表兼講師(日本史)、大学受験「秀門会」校長兼講師(日本史・現代文・古文・現代社会を担当)

2006年- 早稲田ゼミナール講師(高田馬場校・西葛西校)


あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら